« 2019年12月 | トップページ | 2020年2月 »

2020年1月

2020年1月30日 (木)

ドリームフラッグプロジェクト

297gou_p1 Photo_20200130020401


僕の地元、宮城県登米市(とめし)の広報紙「ToMe」2月号に、

僕が企画提案させていただいた、登米市立つやま幼稚園での

ドリームフラッグプロジェクトの記事が大々的に、しかも表紙も!掲載となっています。

(写真はいずれも担当者撮影)

つやま幼稚園は園庭の目の前に気仙沼線が走るという立地なのです。

そこで、みんなで将来の夢をフラッグに描いて青空のもと列車に旗振りをしました。



「将来の夢を列車というタイムマシーンに乗せて、
未来につないでほしいという願いを込めて」



こんな取り組みをやってみたい!という幼稚園、保育園、小学校などがあれば、

ぜひ気軽に連絡をいただきたいと思います。

僕は全体の進行、活動中の児童のとりまとめ、活動の様子の写真撮影を、

先生方のご協力をいただきながらやらせていただきます。

撮影した写真は、ご家族向けに販売させていただきます。

つやま幼稚園では子供達みんな、すぐに心を許して仲良くなってくれて、

ドリームフラッグプロジェクト当日は旗振りする前に一緒に鬼ごっこもしました!♪


お気軽にご連絡お待ちしております!
info.mukawakenta@gmail.com

| | コメント (0)

2020年1月28日 (火)

撮りたい鉄道写真

200128

こんな景色を求めて日本中、

まだ見ぬ世界中を旅したい。

そして、ドンと発表したい。

いま、日本の鉄道に止まらず

海外の線路を撮りに行きたいって野望があります。

鉄道を撮りたいのは、純粋に電車が大好きっていうのはもちろんなのですが

線路のその形であったりします。

繋がり、一筋に伸びる、希望、力強さ・・・

鉄の棒が2本、等間隔に続くだけですが

それはとてつもなく、前に進むエネルギーがある形だと思うのです。

そんな線路際で生活する人の姿、

列車が走っていることよりも、線路という力強いエネルギーの象徴的な形の隣で

情熱的に暮らしている人がいる、小さなことに幸せを感じて、

噛み締めて生きている。

そんな風景を撮りたいんです。

海外を走る鉄道車両、日本にはない魅力もあるでしょう。

でも、それ以上に撮りたいのは、人の気持ちです。

繊細な想いを写したい。

線路を添えて。

それはきっと、前へ進むエネルギーを感じられる写真になるから。

| | コメント (0)

2020年1月27日 (月)

目標の話

200127
今年はフリーランス4年目。

1年目<2年目<3年目

と、ありがたいことにご縁に恵まれ、機会に恵まれ、

さらに新しいフィールドに挑めて、楽しみな4年目です。

今年はしっかり仕事を増やすことを考えたいと思います。

 

走り出した当初はスケジュールがまったく入らずに

真っ白な手帳を知っているので

「スケジュールを調整」なんてカッコつけたことが発生する4年目の初月

がとてもありがたいです。

といっても、スケジュールは仕事が舞い込んで初めて

入れられると思っていた1年目は恥ずかしくもあります。

仕事を得るために、情報をとって、作戦を練って、準備をする。

それも立派なスケジュールになります。

絶対当てる自信が、よくわからないけれどあるからです。

いまやっているそれが当たる自信はない、というか不安も大きいのですが

近い将来、しっかり向き合っていたら当てられる確信はあります。

そんな変な自信がないとやっていられないのもフリーランス。

来月生きていられるか・・・って不安になっている時間は微塵もありません。

 

いま思いついた今年の目標はこんな感じです。

(※夢ではなく、目標)

・移動手段の選択肢に新幹線を入れる

・しっかりとした服を買う

・月1回、回転寿司を吐くほど食べる

・面白いものを見つけたらお土産に買って帰る

 

これらを大好きな写真の仕事で叶えること。

全然やりたくもないバイトをしてお寿司食べるくらいなら

我慢したほうが心を健康に保てます。

好きなことして、稼ぐ!

 

でも、請求書をつくるのがいちばん嫌な作業です。

だってめんどくさいんだもん・・・笑

| | コメント (0)

2020年1月25日 (土)

大崎タイムスに掲載

20200125-223046

1月14日ならびに20日におじゃまさせていただいた

登米市立北方小学校さんでの授業の内容を記事にしていただきました。

俳句を写真上にレイアウトした1枚の作品をつくる過程で、

俳句そのものへのアドバイスではなく

より伝わるための文字色やフォント、配置のバランスなどを中心に

きっかけづくりをさせていただきました。

もっと子供たち自身に考えてもらえる投げかけをするのがこれからの課題です。

限られた時間のなかで、伝えたいことを伝える。

しかし、答えを言うのではなく気づきのヒントを与える・・・

その難しさを学びました。

奥が深くてとても興味深いです。

伝えるという類、写真家としても

子供たちの前に立つことも、同じです。

写真を扱って、子供達と関わりたい。

そんな思いを抱いて数年・・・

すべてが繋がってきて、とても楽しい今です。

| | コメント (0)

【宮城県登米市】北方小学校での授業 パート2

1月13日の5年生の授業に続き

20日には6年生の授業におじゃましてきました!

 

●北方小学校さんでの事後報告記事

http://www.tome-svr.jp/~kitakata-syo/html/index.php?action=pages_view_main&active_action=journal_view_main_detail&post_id=3022&comment_flag=1&block_id=210#_210

 

図工と国語の合科的授業として、「写真俳句」に取り組んでいます。

ひとりひとりにしっかりと、伝えたい想いや感動した対象がはっきりと見え

それが本当に素晴らしいと思いました。

十人十色、ひとりひとりにしっかりと色がありました。

僕が小学生のころは、人に合わせて一人だけ違う色にならないようにしていたので

表現することを楽しんで取り組んでいる今回の5、6年生との授業を通して

学校の個を尊重する、ドンと構えた空気感を感じました。

 

完成した作品は、5年生の360度写真と併せて

1/31~2/11までイオン佐沼専門店モールに飾られる予定です。

ぜひ足をお運びください。

子供たち、すごいです。

 

|

2020年1月16日 (木)

【宮城県登米市】北方小学校での授業 パート1

宮城県にある登米市立北方小学校さんで

授業をさせていただいてまいりました!

図画工作の授業で、360度カメラをつかって作品をつくるというもので

これまでに撮影・編集した作品をさらにグレードアップすべく

これまでの作品へのアドバイス、撮影実習での見守りをさせていただきました。

 

●北方小学校さんでの事後報告記事

http://www.tome-svr.jp/~kitakata-syo/html/index.php?key=jozj26cg3-210#_210

 

●登米市公式Facebookでの記事

 

 

360度カメラの特性上、すべての方向が写るので

撮影したあと360度写っているところから、どこを見せようか、

切り抜く(トリミング)する感性も要求されます。

 

「写真は失敗や不正解のない、自由なもの」という大前提を心においてもらい

フルに、思ったまま、表現してもらえることが大事なことです。

僕が写真を扱った授業をするとき、撮影の大前提は「笑われる写真を撮ろう!」です。

笑われる・・・

これは一見バカにされているような否定的なリアクションに感じられてしまうかもしれません。

しかし、笑うということは、作品を見た人にとってこれまでになかった価値観だと言うことができます。

想定内であれば、笑いは起こりません。

予想できない事態がそこにあるから、面白いのです。

笑われることは新しい価値観を発見、共有した、大ファインプレーなのです。

それを実感してくれた児童は恐れることなく、とにかく自由に、たくさん写真を撮ってくれます。

ここにも、自己肯定感を育むカギが隠れています。

たくさん写真を撮ってくれること。

写真はとても自由なものです。失敗がありません。

逆をいうと正解も絶対的なものではない。

つまりは、自分が表現した結果が答えだということです。

1+1=2というのは、声を大にして胸を張って答えられます。

しかし写真の場合は、1+1=11という答えも大正解。

答えを自分でつくることになります。

そんなように、自分で出た正解か不正解かわからない答えを発表する。

これはとても勇気がいることです。

それを恐れずに楽しんでワクワクしながら発表できることは、本当に大きな出来事です。

自らの考えに共感してくれることへの喜び、新しい価値観を得る豊かさ、

写真を通した授業では、そんなことを期待している次第です。

 

| | コメント (0)

2020年1月 9日 (木)

クール

200109

列車の灯り。

雪が覆い尽くす音のない夜を

秋田新幹線こまち号が滑るように。

この路が東京と秋田を結んでいる。

繋がっているという安心感。

繋いでいるプライド。

E6はどんなときもクールだ。

(秋田新幹線・秋田県)

| | コメント (0)

2020年1月 3日 (金)

新年1発目!旅ラジ!ON AIR!

 

Kenta

「武川健太の旅するラジオ!」

1/4(土)午後3時〜ON AIRになります!

インターネットラジオで、全国どこからでも

お聞きいただけます。

サイマルラジオ

(東北地区→H@!FMとおすすみください)

 

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

 

メッセージをメール・FAX・ツイッターで

随時募集しております!

767@hat-fm.net

FAX:0220-23-7381

ツイッターは「#武川健太」をつけてつぶやいてください!

 

メッセージは 随時募集いたしております。

おでかけのエピソードや、行ってみたい場所など

お便りお待ちいたしております!

武川健太

 

毎回ご出演もいただいておりますダーチーさん!に作っていただいている

予告動画も必見!です!

| | コメント (0)

« 2019年12月 | トップページ | 2020年2月 »