« 旅ラジ!生放送ありがとうございました! | トップページ | 戦う鉄路 »

2019年1月 7日 (月)

自然の教え

190107_

僕の地元、宮城県登米市の風景。

ラムサール条約にも登録されている「伊豆沼」から

飛び立つ渡り鳥は登米市、冬の風物詩です。

地元の風景でありながら

しっかり写真を撮ったのは、これが初めて。

(お恥ずかしい・・・)

カメラを覗きながら、思考が停止しました。

大自然の姿を、五感で感じると何も考えられなくなります。

そんな光景が冬の時期、登米市では毎日繰り広げられます。

自然界の風景は、美しい。

力強く、勇ましく、生命力に溢れている。

シンプルに、生きるための形があります。

生き物の行動は、生きるため。

餌を求めて毎朝、飛び立っていき

日没と時を同じく寝ぐらに帰ります。

人間は幅広い豊かさを手に入れました。

でも、その生きる本能は食べること、ではないでしょうか。

食っていかないと・・・食わしてやらないと・・・

決まって、働く理由をこう言います。

自然から教わることばかりです。

|

« 旅ラジ!生放送ありがとうございました! | トップページ | 戦う鉄路 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 旅ラジ!生放送ありがとうございました! | トップページ | 戦う鉄路 »