« 不変の雄大さと、新しい価値のはなし。 | トップページ | 「ありのままの美しさ」について »

2019年1月16日 (水)

「これから必要なこと」について

190116_01_2

自然の世界の出来事。

太陽と雲が織りなす光のマジック。

我々は、どんなに文明が発達して便利なものを使っても

目覚まし時計が必要なのは日が昇るからで、

お家に帰るのは日が沈むから。

鳥たちが餌を求めて朝日に飛び立つように

我々は朝、通勤電車に揺られます。

日が暮れて寝ぐら入りする鳥たちのように

暗くなったらお家へ帰ります。

でも、もしかしたら日本は頑張りすぎている人が

多いのかもしれません。

でも、それが楽しくて何の苦でもない仕事だったら

話は違うと思います。

金儲けするためだということを排除して考えた時、

自分の生きがいになることだったら、いくら頑張っても

心が疲れ切ることはありません。

いま、これから、職業はどんどん新しい仕事が生まれてくると思います。

AIが出てきて、人間が取って代わられてしまう?

そうは思いません。

もっと人間らしい仕事が、これからの日本には必要な気がしています。

人の心に寄り添う、気持ちを察する、一期一会のその出会いで

嬉しい気持ちになれる接し方ができるのは、

ロボットではなく、生身の人間だけ。

人が豊かになれる本質は、モノではなくて

人であることを信じて。

(東北新幹線・宮城県)

|

« 不変の雄大さと、新しい価値のはなし。 | トップページ | 「ありのままの美しさ」について »

コメント

今日の写真、すばらしいですね!
新幹線のボディが浮き上がってるように見えます。
冬の贈り物を先生が切り取って、我々にプレゼントしてくれたんだと思いました。

投稿: やま鉄 | 2019年1月22日 (火) 21時32分

>やま鉄さん
ありがとうございます!
自然の作り出すものを見ると、無心になってしまいます。
そこを走る鉄道。
雄大な景色や日本中どこも、近く感じさせてくれます。

投稿: 武川健太 | 2019年1月25日 (金) 01時14分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 不変の雄大さと、新しい価値のはなし。 | トップページ | 「ありのままの美しさ」について »