« 2018年7月 | トップページ | 2018年9月 »

2018年8月

2018年8月31日 (金)

9/16(日)「ブラムカワ」開催!

Photo_2

宮城県登米市でフォトイベントを開催いたします!

雄大な田園風景をはじめ、登米市石越(いしこし)を写す旅。

スマホやコンパクトカメラ、ミラーレスに一眼レフ

どんなカメラでもお気軽にご参加いただけます♪

はじめての本格的な写真撮影、もっとうまく撮りたい・・・

どんな方でもやさしくレクチャーいたします!

詳しくはこちら!

| | コメント (0)

2018年8月27日 (月)

キティさん

180827_01

キティさん。

キティちゃん・・・

いやいや、この写真で食べさせていただく可能性もゼロじゃない

と考えたら、キティさん。

ピンクってやっぱり良い色!

幾千の人生ドラマを運ぶ鉄道には

幸せのピンク色、とてもマッチングが良い。

手前の黒いケーブルはどうしても避けられないですが

ヘッドライトと重ならないのが最低限の配慮。

N700系だとライトの位置が低く、このアングルでは

ケーブルと重なってしまいますが、500系はライト位置が高いので

クリアできます。

| | コメント (0)

2018年8月23日 (木)

memorial day.

180823_01

絶大な信頼がおける

毎日隣にいてくれる

いまの僕のすべてのルーツとも言えるカメラ。

どんなときも体の一部のように動いてくれる。

そしてシャッターを切ったときの音。

性能はもちろんですが、僕がニコンを大好きなわけは

「シャッター音」と言っても過言ではありません。

とても気持ちよく、高いモチベーションを維持させてくれます。

今日、ニコンは新マウントを発表し、新たな歴史が幕を開けました。

本当に、本当に、おめでとうございます。

これまでの長い歴史と伝統、そして揺るぎない信頼を

育んでこられたニコンの、新たな幕開け。

大きな1日です。

僕もZシリーズを手にできる日を目指して

精進してまいります。

| | コメント (0)

2018年8月21日 (火)

kissing sun.

180821_01

時速320キロ、その先端が太陽に触れる一瞬に

神経を研ぎ澄ます。

気がつけば、息を止めてファインダーにE5が入り込んでくる

一瞬を待ち構える。

そして、その瞬間に指先が反射的に動いた。

動のなか、一瞬の時を切り取るこの感覚が写真。

| | コメント (0)

みちのくの空

180821_02

みちのくを行く、はやぶさ・こまち号。

ふるさとへ帰る人も、都会へ旅立つ人も。

みんな、おんなじ景色を車窓に見る。

二度と見ることはできない一瞬一瞬を目に焼き付けて。

320km/h、最速新幹線からも

空を眺めれば、ゆっくり雄大に雲が流れます。

 

| | コメント (0)

2018年8月17日 (金)

鉄道がつなぐもの

180817_01_2

「ふるさと」があるということは

仮に田舎を離れた時に、

とっても誇らしく思えるんだと思います。

僕はそうでした。

当時は「早ぐ都会さ行ぐ!」しか思えませんでしたが

上京させてもらえたからこそ、田舎愛が生まれました。

だから、彼女はどんな気持ちで毎日この駅を使っているのか

ちょっと気になってしまいます。

でもいつか必ず、このホームに降りて帰ってきた時、

当時のにおいが香ってきて、心が一瞬タイムスリップするんだと思います。

だから、鉄道はなくなっちゃいけないんです。

いろんな人の今と、思い出、未来をつなぐものだから。

| | コメント (0)

2018年8月16日 (木)

山口県防府市「ほうふ幸せますまち博」で写真イベントを開催

Logo_machihaku_01_2

9/1から、山口県防府市で開幕する

「ほうふ幸せますまち博」にて、写真イベントを2つ開催させていただきます!

ただいま、参加者大募集中でございます。

ぜひチェックしてみてください!


鉄道写真家武川健太氏来防!富海で遊ぼう!カメラフォトウォーク

10/27(土)開催


防府市内24時間滞在型フォトコンテスト 幸せ撮りますフェスinほうふ

11/10(土)〜12(日)開催


上記2つのイベントを開催いたします!

ただいま、参加申し込み受け付け中です。

概要確認とお申し込みは、上記各リンクへアクセスください。

気合入っております!

とにかく楽しい時間をつくります!

みなさま、よろしくお願いいたします♪

(武川健太)

| | コメント (0)

レール、輝く。

180816_02

山々を縫うように走る一筋のレール。

隔たっていた文化が繋がって、人や物が往来できるように。

レールは3日と列車が走らないとすっかり錆びついてしまいます。

その道が輝いているのは、どんな日も欠かさずに列車が行き来しているから。

| | コメント (0)

写真は尊い

180816_01

何気ないところに、とっても大切な景色がある。

見知らぬところへ行けば、なんでも新鮮で感動的。

でも、それは場所によるものではなく、

本当にどこにでもある。

カメラを持ってから、そんな感覚が芽生えた。

写真は尊い。

| | コメント (0)

2018年8月15日 (水)

幸せますtrain

180815_02_2

「幸せます」の街、山口県防府市をゆく

幸せ色の新幹線。

一筋の幸せ色が街を駆けていきました。

| | コメント (0)

イケメンはイケメン

180815_01

かつては16両フル編成で

最高速度300km/h、東京〜博多をかっ飛んでいた500系。

流れるようにしか見てこなかった景色を今は、

ゆっくり眺めることができて、ちょっと違う楽しさ、なのかな。

立ち位置変われど、夢を与える仕事には変わりない、

イケメンな500系。

置かれた場所で輝き続ける姿、かっこいい。

誰にだって輝ける場所がある。

| | コメント (0)

2018年8月12日 (日)

愛ある道

180812_01

列車には行き先がある。

そこを目指してひた走る。

でも、その行き先は場所であって、人でもある。

誰かにとって、とても大切な人のところへ。

人がいるところへ向かうから、列車は美しいのかもしれない。

レールも車両も無機質であるはずの鉄の塊なのに、

そこにあるのは、旅情。

| | コメント (0)

2018年8月 4日 (土)

どこまで行こうか?

180804_01

いろんなことは自分でつくれる。

明日の楽しみも、目標も、夢も、。

もしかしたら限界も、自分でつくってしまっていたらもったいない。

これまでがあって、この先に続く未来には光がある。

どんなに辛い過去だって、きっと人生の糧となり

あなたの背後から太陽のように照らしてくれている。

だから、その後ろから差す光が強ければ強いほど

自分の目の前に、自分の影が濃く強く落ちる。

ここにいる。過去と未来に挟まれて。

この写真の車窓は向かう方か、去るほうか。

でも、そのどちらも、きっと光。

いつでも、誰かに支えられて。助けられて。

| | コメント (2)

« 2018年7月 | トップページ | 2018年9月 »