« 2018年4月 | トップページ | 2018年6月 »

2018年5月

2018年5月30日 (水)

オリジナルバッジをゲットしよう!〜駅からハイキング〜

Pr

僕が撮影した写真が缶バッジになりました!

JR東日本で開催中の「駅からハイキング」

千葉支社が主催する下記、2つのコースにご参加いただくと

数量限定B.B.BASEオリジナルバッジをゲットできちゃいます!

ぜひこの機会に、限定グッズをゲットして

駅からハイキングをお楽しみください!

-------------------------------------------------------------------

●【小湊鐵道共同開催】「チバニアン」探索と「いちはらクオードの森」

菖蒲園散策コース

●水の郷潮来~あやめまつりハイキング~コース

-------------------------------------------------------------------

いずれも予約不要・当日参加OKです!

詳しくは駅からハイキングHP をご覧ください。


※B.B.BASEオリジナルバッジは限定品のため

数に限りがございます。ご了承ください。

| | コメント (0)

2018年5月29日 (火)

森の妖精

180529_01

森のなかを疾走するキハ110

気動車らしからぬ軽快さで、軽やかに駆けてゆきます。

(陸羽東線)

| | コメント (0)

2018年5月28日 (月)

woodland

180528_01_2

森の中の踏切。

天然の空気清浄機。

クリアな空気に包まれて

踏切が鳴り出したときの撮影イメージを考えます。

(陸羽東線)

| | コメント (0)

2018年5月23日 (水)

green

180523_01

陸羽東線でもっとも有名な撮影地。

芭蕉も旅した奥の細道

鳴子峡の景色は紅葉がモストフェイマスですが

緑の景色も最高に美しいです。

(陸羽東線)

| | コメント (0)

2018年5月22日 (火)

local.

180522_01_3

麦わら帽子かぶって

田んぼへつづく道を駆けると

ピーッと汽笛一声、ディーゼル列車がやってきた!

(陸羽東線)

| | コメント (0)

2018年5月21日 (月)

mirror

180521_03

この時期、線路ばたは

あたり一面が鏡の世界になります。

実家暮らしのころは

「まぢ田んぼしかねぇ」と嘆いていましたが(笑)

離れてこそ、美しさを実感しました。

(東北本線)

| | コメント (0)

Glitter

180521_02_2

絶景は足元に。

(東北本線)

| | コメント (0)

モーニングバード

180521_01

3時30分ころから薄明るくなりだし

始発列車もまだまだな4時30分、

太陽が顔を出しました。

太陽が昇ると鳥たちが羽ばたきます。

(常磐線)

| | コメント (0)

2018年5月11日 (金)

奥羽本線

180511

奥羽山脈を越えて

背負って、寄り添って。

この山々とともに。

(奥羽本線)

| | コメント (0)

2018年5月10日 (木)

本州最北の、終着駅から

180510_04

三厩駅。

本州最北の終着駅から

その先に繋がるすべての列車の安全を祈るように

列車が見えなくなるまで見送り続けます。

180510_05

(津軽線)

| | コメント (0)

どこを切り取る?

180510_03

写真はパズル。

広く広大な風景のなかで、どこを切り取るか?

そこに立った自分だけが感じられる空気を感じて

一番美しい瞬間をパチリ。

(津軽鉄道)

| | コメント (0)

美し

180510_02_2

花も鳥も風も月も。

自然のなかに生きて、列車もそのなかに。

不思議なことが、たま〜に起こります。

(五能線)

| | コメント (0)

自然の美しさ

180510

風光明媚な海岸線の景色を楽しめる五能線。

リゾート列車も多く走るこの路線。

あいにくの雨模様でしたが、自然の美しさは

爽やかな晴れのときだけではありません。

(五能線)

| | コメント (0)

森に帰る

180510_06

日が暮れて、鳥の鳴き声も止んだころ

安心感のある明かりを灯した列車が森のなかへ消えて行きました。

(青い森鉄道)

| | コメント (0)

2018年5月 4日 (金)

灯り

180504

今日も明日も明後日も。

変わらない毎日が、何より。

明るい空間に、とても安心感を感じました。

(山形鉄道)

| | コメント (0)

« 2018年4月 | トップページ | 2018年6月 »