« 南三陸の今と陸羽東線撮影の旅 まとめ2 | トップページ | これからが楽しみ♪ »

2017年3月15日 (水)

南三陸の今と陸羽東線撮影の旅 まとめ3

お宿は民宿「コクボ荘」

震災前から営業していたのですが

それまでの民宿は壊滅的な被害を受け

絶望的な状況に追い込まれましたがお母さんの強い想いで

2013年7月、復活を果たしました。

お料理も絶品揃い。

メニューはその日に獲れた新鮮な海の幸で決まるので

何が食べられるかはその日のお楽しみ。

_000_2_s_2新鮮な海の幸。

ふたたび、豊かな海が戻ってきたことを感じました。

そして、コクボばあちゃんの人柄にも元気をもらえました。

本当にあったかい民宿です。

家に帰ってきたような、そんな迎え方をしてくれる素敵なお母さんです。

民宿コクボ荘

2日目は陸羽東線方面へ!

 朝はちょこっと石巻線に寄ります。

15_d8e9179_h

平和な朝がやってくる。

当たり前に今日もはじまる。

本当に尊く、有難いことです。

16_d8e9269_h

万石浦(まんごくうら)をゆく石巻線

日常が戻った、と言ってよいのか躊躇しますが

6年が経ったいまも、少しずつ少しずつ、何かが戻ってきています。

復興という言葉を使うのが一番怖いですが

なにをもって復興かと言えば、町の形成や自然がふたたび豊かになってゆくこと

ではなく、人の心が起こった出来事を受け入れることができることが

本当の復興になるのではないかと思います。

17_d8e9396_h

陸羽東線にやってきました!

ちょっと雲が多めでしたが、がっかりしていられないので

雲を主役に撮ります!

18_d8e9446_h

鳴子峡には、雪がかろうじて残っていました。

列車はどこでしょう〜?(笑)

19_dsc6425

鳴子御殿湯駅を俯瞰するポイントへ。

S字を走る列車を撮影できます。

20_dsc6503_h

これから、真緑の色彩になる平野。

冬と春の狭間、これからの季節にワクワクしながら

春に向かって、走れ!♪

3月11日という日に被災地を巡れたこと、慰霊祭に参列できたこと

宮城の空気を肌に感じることができたこと、本当に嬉しい2日間でした。

6年という月日の流れを目の前で見て、時の流れが速いのか、遅いのか

しかし、毎日コツコツと前に進む姿を見て勇気をもらいました。

1度きりにしてしまってはいけない、細く長く続けていきたい、

そう感じました。

|

« 南三陸の今と陸羽東線撮影の旅 まとめ2 | トップページ | これからが楽しみ♪ »

コメント

武川先生、南三陸のツアーではお世話になりました。
 3年前に北海道旅行の帰り道に三陸を車で南下した時以来の南三陸町でしたが、復興の難しさや現存する問題を目の当たりにしました。しかし同時に、案内をしていただいた遠藤さんや民宿コクボ荘のお母さんのおかげで、南三陸町の皆さんのやさしさや強さに改めて触れることができ、本当に濃い時間をいただきました。
 三陸の鉄道の復興は実現するのか?疑問や心配もありますが、今回のツアーで東北出身の武川先生の素晴らしさを再認識させていただき、先生をこれからも応援していきたい気持ちでいっぱいです。
 仲良くしてくださったツアー参加者の皆様と添乗でお世話になった市村さんに感謝しております。

投稿: やま鉄 | 2017年3月15日 (水) 15時13分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 南三陸の今と陸羽東線撮影の旅 まとめ2 | トップページ | これからが楽しみ♪ »