2018年2月23日 (金)

2018.02.23 16:00

180223

列車のある景色。

列車はどこへでも連れて行ってくれます。

大切な場所へ、思い出の場所へ、まだ行ったことのない場所へ。

夢の国へも。

鉄道があると、とても近い場所に感じられます。

実距離は変わらないけれど

心的距離はかなり近く感じられます。

レールが日本中に血管のように張り巡らされ

人と場所が繋がっていきます。

(仙石線・陸前大塚〜東名)

| | コメント (0)

2018年2月22日 (木)

ようこそ♪

180222_03_2

どこを調べても載っていない見どころや

あったかいものって、とても沢山あるのかもしれません。

寒いということは、日差しが暖かいということ。

暑いということは、風が涼しいということ。

雪だるまにはマフラーが巻かれているということ。

人のぬくもりがありました。

(小湊鐵道・高滝駅)

| | コメント (0)

タイムリープ

180222_01

ココン・・・ココン・・・・・・ファ〜〜〜ン

遠ざかる列車のジョイント音が

乾いた音で響く森。

汽笛一声、列車が手を振ってくれたようだった。

180222_02

テレビ番組の企画で生まれ変わった本銚子駅。

手書きの時刻表に、裸電球。

そこがひとつの世界のようで

タイムリープできる、魅惑の銚子電鉄。

(銚子電鉄・本銚子駅)

| | コメント (0)

3.11ツアーを開催いたします

1

昨年3月11日に開催させていただいた宮城県、被災地を巡るツアー、

今年も開催させていただきます。

3月10日(土)〜11日(日)

ツアータイトルは

「7年目の宮城へ。

海が見える丘から未来の自分へ、大切な人へ、ポストカードを贈る。」

今回のツアーでは、写真を撮ることに重きを置き

ツアー中は撮影からプリントまでのレクチャーをさせていただきます。

そして、今回のツアーでは、タイトルにもあるように

その日に撮影した写真をプリントアウトして

手書きの想いを書き入れたポストカードを作成して

未来の自分や、大切な人へむけて投函します。

帰ってから想いをまとめても良さそうですが

なぜこれを、この日にやることにこだわったか。

それは、感情は生きているからです。

沸いてくる感情や、言葉は「生もの」だからです。

帰ってからでは、遅いのです。

その日のうちに、現地から。

現地で得た、これから生きていく有限の時間に、大切な想いを未来に残します。

当日は、ポストカード以外にも撮影した写真は、高性能プリンターを使って

枚数制限なく、プリントアウトしていただけます。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

●詳しくはこちらの企画書をご覧ください。

「3.11ツアー企画書.pdf」をダウンロード

●お問い合わせ・お申し込みは、武川健太までメールにてご連絡ください。

info.mukawakenta@gmail.com (武川健太直通メールアドレス)

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

| | コメント (4)

旅ラジ!ON AIR!

Kenta1_2

「武川健太の旅するラジオ!」

3/3(土)午後3時〜ON AIRになります!

インターネットラジオで、全国どこからでも

お聞きいただけます。

サイマルラジオ

(東北地区→H@!FMとおすすみください)

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

メッセージをメール・FAX・ツイッターで

随時募集しております!

767@hat-fm.net

FAX:0220-23-7381

ツイッターは「#武川健太の旅するラジオ」をつけて

つぶやいてください!

好きなひらがな1文字、大募集中です!

理由も添えて、ぜひお待ちしております!

武川健太

| | コメント (0)

2018年2月19日 (月)

つながること、つなぐこと。

石巻線浦宿駅から、女川方面を望みます。

かつてはここで線路が途切れ

女川駅まで列車で行くことはできませんでした。

180219_01

いまでは線路がつながり、列車が行き来しています。

180219_02

これは、ひとつの意味で復興と言えます。

線路がつながることは、外からの行き来ができるということです。

人が往来できます。

コトが起こります。モノが生まれます。

しかし、これはひとつの側面だと感じます。

復興が進み、街は街らしく生まれ変わります。

それはある意味、過去を薄れさせる危険性を孕んでいます。

風化。

なんとしても、阻止し続けていかなければならない課題です。

時間が経つほどに、関心を寄せる数が減ります。

関心を寄せ続ける方がいらっしゃれば、

1年に1度思い出していただける方もおられます。

自然災害は、地球に生きる生命にとって完全に無くすことは不可能です。

しかし、危機を予測し早急に判断、行動することはできます。

それは、命を守ることなのです。

日常にかまけてしまうと、日常の尊さはいつも見失いがちです。

(石巻線・浦宿〜女川)

| | コメント (2)

JR東日本「コトたび」にコンテンツ公開!

20180219_191144

JR東日本千葉支社のサイト「コトたび」にて

撮影・執筆させていただいた記事が公開になっております!

久留里線日帰り旅を紹介する記事と

房総を旅する際の撮影ワンポイント講座の2つ!

私自身、初めてのレポート記事となります。

久留里線でフォトジェニックな宝物をさがす旅

撮影ワンポイント講座

ぜひ、ご覧いただけますと幸いです。

豪華プレゼントが当たるキャンペーンも開催中!

コトたび旅行記

武川健太


| | コメント (0)

2018年2月18日 (日)

shiro

180218

shiroの世界。

喧騒の街にも、シンプルな色の世界がありました。

(千葉都市モノレール・千葉〜千葉公園)

| | コメント (0)

2018年2月17日 (土)

夜へ向かう

180217_02

万石浦をゆく石巻線。

夕日が空を染め上げるころ、

鳥たちは家路を急ぎます。

列車は時間通り、今日も無事に駅を発車しました。

そんな何気ない日常が、今日も暮れてゆきます。

あしたの朝日のとき、鳥たちはまた飛び立つのでしょう。

(石巻線・浦宿〜沢田)

| | コメント (0)

海に何想う

180217_01

仙石線、東名〜陸前富山は

松島湾の海岸線に沿って走ります。

海、自然とともに、景色をつくります。

キラキラと輝く海がありました。

3月10〜11日は、こんな風景を見たいと思います。

くわしくはこちら

7年目の宮城を巡りませんか?

細く長く、続けたいと思っています。

ご賛同いただけましたらご検討、拡散のご協力、

何卒、よろしくお願いいたします。

(仙石線・東名〜陸前大塚)

| | コメント (0)

«なくなって、はじめて。